BORUTO

スポンサーリンク
BORUTO

【NARUTO】尾獣の人柱力・能力・その後・死亡を一覧で紹介!

尾獣は漫画『NARUTO』に登場する尾を持つ魔獣の呼称であり、強大な力を持つ厄災と言われて人々から忌み嫌われる存在です。 今回は尾獣についてご紹介したいと思います。 この記事で紹介する内容は? 尾獣の分配・誕生・予言の子について 尾獣の名前...
BORUTO

【BORUTO】サスケの現在は爪アカに食われて「木」になった?神樹化してサラダを狙う理由は?

うちはサスケはBORUTO第一部でボルトを助けて木ノ葉隠れの里を抜けました。 そして、約3年の月日が経過した設定でBORUTOの第二部が再開されましたが、サスケの姿は見当たりません。サスケはこの3年の間にどうなったのでしょうか。 今回はBO...
BORUTO

【BORUTO】ボルトの新術『螺旋丸・渦彦(うずひこ)』は星の回転の力を利用?元ネタは日本神話?

漫画『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の主人公うずまきボルトは第一部終了時にうちはサスケとともに木ノ葉隠れの里を出て行きました。 そして、第二部始動とともに再び木ノ葉に姿を現したボルトは、仇敵コー...
BORUTO

【BORUTO】うずまきボルトの現在は右目を失って里抜け?大筒木化やカワキとの『逆転』について

『BORUTO』の主人公であり、うずまきナルトと日向ヒナタの息子のうずまきボルトは、現在大筒木モモシキの器として『楔カーマ』を刻まれてしまい、現在は大筒木化が進行し完全に大筒木の体になってしまいました。 そして、大筒木化したボルトはカワキに...
BORUTO

【BORUTO】うちはサスケは輪廻眼を失って弱体化!?ボルトと一緒に里抜けした理由とは?

第四次忍界大戦で薬師カブトから柱間細胞を、六道仙人から左手に陰の力を授かることで輪廻眼を開眼させたうちはサスケですが、続編『BORUTO』で相対した大筒木イッシキとの戦いで輪廻眼を失ってしまいました。 では、サスケはどのようにして輪廻眼を失...
BORUTO

【BORUTO】九喇嘛(クラマ)死亡!?重粒子モードとナルトとの別れについて紹介

『BORUTO』開始時点でうずまきナルトは32歳設定ですが、九喇嘛とは32年を共生していることになります。 しかし、大筒木イッシキ戦でこれまでずっと一緒に生きてきた九喇嘛とついに死別することになりました。 今回は九喇嘛の死亡と別れについてご...
BORUTO

【BORUTO】うずまきナルトは死亡した?現在のナルトは生きているのか解説

第四次忍界大戦を勝利に導いた木の葉の英雄・うずまきナルトは、七代目火影となり里の発展に心血を注いでいましたが、続編『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』にて死亡説が噂されています。 というのも、続編『...
タイトルとURLをコピーしました