【BLEACH】石田雨竜が裏切った理由は?最後とその後について紹介

BLEACH

黒崎一護のライバルでありと仲間でもある石田雨竜は千年血戦篇で滅却師側に寝返りました。

しかし、なぜ雨竜は突然滅却師側についたのでしょう。

今回は石田雨竜の裏切りの真相と最後・その後をご紹介したいと思います。

この記事で紹介する内容は?

  1. 石田雨竜の裏切りと理由
  2. 石田雨竜の千年血戦篇の最後
  3. 石田雨竜のその後
スポンサーリンク
スポンサーリンク

石田雨竜の裏切り

石田雨竜が裏切った理由を問い詰める黒崎一護

引用元:久保帯人『BLEACH』 出版:集英社

単行本61巻543話『Letters』にて、石田雨竜は見えざる帝国ヴァンデンライヒでユーハバッハの次期後継者として紹介されています。

そして二度目の尸魂界侵攻時にはユーハバッハやハッシュヴァルトとともに黒崎一護が霊王宮から尸魂界に降り立つ際に開けた七十二層の障壁から霊王宮へと進行を始め、今度は一護とは敵として対峙しました。

「──帰れ黒崎。お前には陛下を止める事はできない」

そう言うと、雨竜はユーハバッハの霊王宮進行を食い止めようとする一護の行く手を塞ぎ永劫の別れをつきつけます。

いったいなぜ石田雨竜は黒崎一護たちと袂を分かち見えざる帝国ヴァンデンライヒへ寝返ったのでしょう。

アニメBLEACH千年血戦篇第11話「EVERYTHING BUT THE RAIN」では、黒崎一護が黒崎一心から自身のルーツを聞かされていますが、一方で同時刻に石田雨竜も雨に打たれる中、ハッシュヴァルトと遭遇し見えざる帝国ヴァンデンライヒと接触を計られています。

また、アニメ版では1000年前の死神と滅却師の戦いの歴史やユーハバッハについて書かれた石田宗弦の手記を石田竜弦の書斎から見つけて読んでいる姿が追加されるなど、雨竜に関しては一護の裏で何が起きていたのかが追加されている模様。

石田雨竜の裏切りの理由

雨竜の裏切りの真相が明かされたのは単行本72巻第659話『There Will Be Frost』。

雨竜の目的はユーハバッハを止める或いは倒すことでしたが、誰もユーハバッハを倒すことはできません。

そのため、雨竜はユーハバッハが根城にする新世界城ヴァールヴェルトを崩壊させる算段でした。見えざる帝国に潜入した雨竜は宗弦が光の帝国リヒトライヒから持ち去った霊子を分解・拡散する機構が組み込まれた苦難の手袋ライデンハント(=散霊手套)から作り出した崩壊チップを新世界城に仕掛けており、一護たちを巻き込まないように一人でケリを付けようとしたのです。

しかし、ユーハバッハが御寝中は『全知全能』の能力がハッシュヴァルトと入れ替わるため、ハッシュヴァルトは未来を視て雨竜の裏切りを警告。裏切りと崩壊チップの仕掛けを看破された雨竜がハッシュヴァルトと交戦すると、黒崎一護・井上織姫・茶渡泰虎がその場に遭遇するのでした。

ハッシュヴァルトは雨竜が裏切っていないのならばその場で黒崎一護一行を皆殺しにするように命令しますが、雨竜は一護と交戦するフリをしながらハッシュヴァルトと分断し場所を変えると真相を語ります。

そして、星十字騎士団全員に支給される新世界城に設置された太陽の門を通るのに必要な太陽の鍵を投げ渡すと、現世侵攻用に設置された太陽の門から現世に返るよう通達。雨竜は一人この場に残り、新世界城を墜とす計画を伝えるのです。

しかし、一連の会話や裏切りは全知全能の力によりハッシュヴァルトに筒抜けであるため、現世に繋がる太陽の門は破壊されることに。

ハッシュヴァルトとの戦闘は避けられない状況に陥りますが、雨竜はユーハバッハが御寝中にのみ全知全能の力がハッシュヴァルトに入れ替わるという部分に着目すると、今ならユーハバッハには全知全能の力が無いと推測。

雨竜は計画を変更して自分はハッシュヴァルトの足止めを引き受けると、黒崎一護一行にユーハバッハの討伐を託すのでした。

なお、どう転んでもこの場に残る雨竜の覚悟に一護は少し心配そうに声を掛けますが、雨竜は「さっさと行け!最期の言葉じゃあるまいし」と返答。対して一護は一瞬虚を突かれたような表情をした後にニヤリと笑みを浮かべてユーハバッハの元へ駆け出しています。

ハッシュヴァルト曰くこの時の雨竜は『希望に満ちた顔』とのこと。

石田雨竜vsハッシュヴァルト

石田雨竜vsハッシュヴァルトの開戦は単行本72巻第661話『MY LAST WORDS』からですが、場面は飛び飛び。

単行本73巻第672話では既に雨竜はボロボロにされており、単行本73巻第674話ではうつ伏せに地面に倒れて敗色濃厚状態でした。

ハッシュヴァルトは「お前が秤にかけ選び続けて為した筈のお前の姿が見えない」として、本当に浅薄な人間どものために命を懸けることが本望なのかと問い掛けますが、雨竜は自分が何者なのかは答えは出ておらず滅却師たちを倒して初めて分かることと返答。

単行本74巻第679話ではハッシュヴァルトの聖文字Bの能力『世界調和ザ・バランス』により雨竜の攻撃は悉く跳ね返されて手も足も出ない様子。しかし、ハッシュヴァルトが止めを刺そうとした直後、雨竜は自身の聖文字Aの能力『完全反立アンチサーシス』によりこれまでのダメージをハッシュヴァルトに逆転させるのでした。これにより雨竜は再びノーダメージに立ち戻ると、反対にハッシュヴァルトはズタボロに。

完全反立アンチサーシス』は、指定した2点の間に「既に起きた」出来事を逆転させる能力。今回は雨竜とハッシュヴァルトの「傷」を「逆転」したと発言しているため、2点の間に「既に起きた」出来事ならば他の事象も逆転させることができる模様。
雨竜の能力を受けたハッシュヴァルトはユーハバッハが雨竜に目を掛ける理由に納得し素晴らしい能力と称賛。ユーハバッハの能力に刃向かえるのは雨竜だけかもしれないと意味深なことを嘯きます。
しかし雨竜が一護たちの元へ急ごうと踵を返した直後、ハッシュヴァルトは再び『世界調和』を発動。
雨竜の『完全反立』は作中でも最強の能力ですが『世界調和』は自身の身に降りかかる不運を分け与える能力であるため、雨竜が与えた傷(幸運)は同量の不運として雨竜に降り注ぐのです。そのため、雨竜はハッシュヴァルトと逆転した傷を再び返されてしまい倒れることに。
更に、ハッシュヴァルトの不運は『身代わりの盾』に移し取られ更なる不運として対象に降り注がれるため、ハッシュヴァルトは無傷となり、更なる不運として同量の傷が雨竜へと注がれるため、結果的に雨竜は二倍の傷を負うことになるのです。

石田雨竜vsハッシュヴァルトの決着

単行本74巻第680話、ハッシュヴァルトは雨竜に止めを刺そうとします。
しかし、止めを刺す際にハッシュヴァルトが「お前はあの信じ難い程愚かな人間共ととても良く似ている」と発言すると、雨竜は間一髪で身を翻して攻撃を回避。
そして、雨竜はハッシュヴァルトの言う通りこれまで全て冷静に天秤にかけて行動してきたつもりだが、天秤にかけることができず助けたいと思えば助けに向かう黒崎一護やそれによく似た井上織姫・茶渡泰虎・朽木ルキア・阿散井恋次も一護同様にバカだから似たような行動を取ると語り出すと、そのバカな連中と同じに見えているなら嬉しいと口にするのです。
ハッシュヴァルトにとって雨竜の感情はどうでもよく、一護たちと居ることで雨竜に利があるのか、成長することができるのかが問題であり、結果、一護たちと一緒にいた数年よりもユーハバッハに力を与えられた一瞬の方が各段に成長できたはずと論じます。互いを高め合うのが仲間というのならば、雨竜が命を賭すべき相手は一護たちではなくユーハバッハだとするのがハッシュヴァルトの考えでした。
しかし、雨竜はハッシュヴァルトが例える天秤にかけて自らの選択で一護たちと一緒にいることを選んだと返答。そこには利害は無く、正解も不正解も無い、ただ『友達だから』という感情からの答えでした。
雨竜の答えを聞いたハッシュヴァルトはユーハバッハに認められておきながら何も捨てるつもりが無いと判断し、遂に止めを刺そうと剣を振りかぶります。
──が、その刹那ユーハバッハの聖別が発動するとハッシュヴァルトは力を全てユーハバッハに吸い取られて倒れてしまうのです。
こうして雨竜vsハッシュヴァルトの決着は唐突に終わりを迎えましたが、ハッシュヴァルトは最期まで「悔しいと思うか?私が陛下に力を奪われて。逆だ。陛下がお前から力をお奪いにならなかった事を誇らしく思う。私から力をお奪いになった事を誇らしく思う」と熱弁。
しかし、ハッシュヴァルトの最期に思うところがあるのか雨竜は浮かない表情のまま立ち去ろうとしますが、ハッシュヴァルトは最期に『完全反立』で傷を自分に移していくように促すのです。

なぜハッシュヴァルトがそんなことを言ったのかは雨竜には分かりませんが、ハッシュヴァルトはバズビーやユーハバッハとの回想を思い浮かべながらも「秤にかける事もできず迷いに追われて決めた事は全て後悔になる」として、「お前は友を助けに行くべきだ」と雨竜の背中を押すのでした。

雨竜はハッシュヴァルトの最期の好意に甘んじて傷を移し一護たちの元へ急ぎます。

石田雨竜が石田竜弦に託された『銀の鏃』

単行本64巻第682話『The Two Sided World End』で、雨竜は一護たちの元へ急いでいる道中に石田竜弦と黒崎一心と遭遇します。

竜弦たちはかつて宗弦が滅却師に追放された際に持ち去った通行証を使い尸魂界(新世界城)に来た模様。

竜弦は雨竜に一つの鏃を打ち渡します。

聖別にかけられた滅却師は全て心臓に銀の血栓ができて死亡するらしく、竜弦は片桐叶絵の死体を解剖してこの銀を集めてユーハバッハを討つために『銀の鏃』を作っていたのです。

聖別により現れるこの銀は『静止の銀』と呼ばれており、聖別を発動させた者の血と混ぜることでその者の能力をほんの一瞬だけ無にできるというもの。

しかし、竜弦は「お前が撃つべき鏃だ」として雨竜に銀の鏃を託すのでした。

石田雨竜は『静止の銀』をユーハバッハに撃つ

単行本64巻第684話『The Blade』では、黒崎一護が阿散井恋次とともに瀞霊廷へ降りたユーハバッハと再び交戦。先に瀞霊廷でユーハバッハと交戦していた藍染惣右介と共闘し一度ユーハバッハを撃破することに成功しました。

しかし、ユーハバッハは藍染惣右介の鏡花水月が解けた瞬間に復活。『未来を改変』する能力で自身が死した未来さえも書き換えた模様。

ユーハバッハの影に呑み込まれていく一護と藍染、そして尸魂界。現世と尸魂界がまさに終わりを迎えようとした絶体絶命の最中に雨竜はユーハバッハに『静止の銀』を撃ち込むのでした。

なぜ未来を見通し未来を改変できるユーハバッハがこの結果を書き換えられなかったのかは分かりませんが、これにより一瞬だけユーハバッハの力が無効化されると、一護が斬月でユーハバッハを両断して勝利することができました。

石田雨竜のその後

その後は普通に現世に帰還して平和に暮らしている模様。

恐らく涅マユリの監視用の菌に感染しているので所在や動向などは監視されていると推測。その上で霊王護神大戦に関しての処罰は下されていないようです。

千年血戦篇から3年後の小説『BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU』でその後の生活が少し語られており、雨竜は竜弦と少し和解していると判明。

雨竜は竜弦と反発していたために高校時代には一人暮らしで貧乏生活を送っていました(その貧乏性を利用されて空座第一高等学校の次期会長を押し付けられている)が、卒業後は学費を竜弦が全て出してくれたため現在は医大に通っています。

以前の雨竜なら竜弦の申し出を突っぱねたと断言していますが、それを受け取って礼を言える程度には関係が修復されています。

本小説では朽木ルキアの結婚の贈り物としてウェディングベールを作り苺の花を皆で刺繍しようと企画した井上織姫に頼まれて雨竜も刺繍を手伝いに参加。ルキアと恋次の結婚式にも招待されており、披露宴後の祝宴では「阿散井、朽木さん、今日はありがとう。末永くお幸せに」と一礼。式場に受付が無かったため、帰り際にご祝儀を渡すなどの大人の対応をしています。

わざわざ現世から来てくれただけでも充分と受け取りを拒む恋次に「そういうわけにはいかない」として無理矢理ご祝儀を握らせると、雨竜が切り出したおかげでいつ渡せばいいのかタイミングを掴めなかった一護たちもこぞって恋次たちにご祝儀を渡していました。

石田雨竜の将来は医者

10年後に医者になっている石田雨竜

引用元:久保帯人『BLEACH』 出版:集英社

単行本64巻第686話『DEATH&STRAWBERRY』では、十年の歳月が経過しています。

雨竜は白衣を着ており看護師から「石田先生」と呼ばれているため医者になっているようです。

その日、茶渡泰虎がWBO世界ヘビー級タイトルマッチに挑戦するらしく、黒崎一護ら旧友と集まってテレビ中継を鑑賞する予定でしたが、仕事の都合が合わずに一人で病院の屋上でスマホからチャドの活躍を見ていました。

一護たちとはこうして集まる約束をしているので10年後も交友は続いているようですね。

なお、結婚については言及されていないので不明。また、竜弦が院長を務める空座総合病院勤務なのかも不明。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 石田雨竜が裏切った理由は黒崎一護たちを巻き込まないために一人で刺し違えてもユーハバッハの目論見を砕くため
  2. 石田雨竜はハッシュヴァルトに敗北するが、ハッシュヴァルトが聖別で力を奪われたため生存することができた
  3. ハッシュヴァルトが命が尽きる前に『完全反立』で傷を移していくように促したため、石田雨竜は彼の言葉に従い傷を逆転させて先へ進んだ
  4. 石田雨竜は石田竜弦から『静止の銀』で作った銀の鏃を受け取り、ユーハバッハに撃ちこみ討伐に貢献した
  5. 石田雨竜は千年血戦篇後、石田竜弦と和解し学費を払ってもらって医大に通っている
  6. 石田雨竜は10年後に医者になっている

雨竜は何だかんだ言いつつも尸魂界編から死神代行消失篇までずっと一緒に戦ってきた仲間であり、いつも一護を気にかけてくれる友達でもありました。

一護たちと出会ったのがきっかけなのか、雨竜も一護たちの属性に染まるように仲間を助ける行動を取るようになっていった結果、ハッシュヴァルト戦で『一護たちの友達』という理由で一護たちと行動を共にしていると断言した時は爽快でした。

その後は竜弦とも和解しており、叶絵を解剖していた竜弦を見て医者を嫌っていた雨竜が医者になっているのも感慨深いですね。

アニメ化の際にはもう少し雨竜のその後などを丁寧に書いてくれることを期待したいです。

 



BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU

原作:久保帯人 著者:松原真琴
出版社:集英社

漫画全巻ドットコム eBookJapan

\ BLEACHの漫画・アニメ・グッズはこちら /

> 漫画を見るなら < > アニメを見るなら < > グッズを買うなら <
漫画全巻ドットコム U-NEXT キャラアニ.com
eBookJapan dアニメストア あみあみ
まんが王国 DMMプレミアム ホビーストック
コミックシーモア AbemaTV  
  hulu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
人気記事(本日)
スポンサーリンク
新着記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました