【響け!ユーフォニアム】加藤葉月はコンクールメンバーに選ばれたの?3年目のオーディション結果は?

オーディション結果を祈る加藤葉月 響け!ユーフォニアム

加藤葉月は『響け!ユーフォニアム』において吹奏楽初心者としての役割が与えられていたため、時には専門的な知識の説明の導入に、時には吹奏楽の活動の現実を描くために活用されてきました。

そして1年目は初心者ということもありオーディションの結果Aメンバーには選ばれませんでした。

では、葉月は3年間ずっとAに入れなかったのでしょうか?

今回は初心者加藤葉月の3年間のコンクール事情についてご紹介したいと思います。

この記事で紹介する内容は?

  1. 加藤葉月の1年目について
  2. 加藤葉月の2年目について
  3. 加藤葉月の3年目について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

加藤葉月とは?

鈴木美玲と鈴木さつきに抱きつく加藤葉月

引用元:武田綾乃『響け!ユーフォニアム』 アニメーション制作:京都アニメーション 製作:『響け!』製作委員会

加藤葉月は中学までテニス部だった運動神経抜群の女の子でしたが、北宇治入学時に黄前久美子、川島緑輝と出会ったのを機に吹奏楽部へ入部した初心者

どこまでもポジティブな性格で普段はバカ騒ぎしていますが、時には鋭い視点から切り込むのが特徴。

加藤葉月の1年目はB編成

葉月の1年目は残念ながらA部門に選ばれずにB部門

オーディション結果発表時、松本美知恵からAメンバーが発表されていますが、原作もアニメも久美子視点なので中川夏紀が呼ばれずに1年生の自分が呼ばれたことに久美子が動揺する中、その流れでチューバのメンバーが発表されるも流れるように葉月の名前だけ呼ばれない、といった展開となります。

原作の場合は、久美子は夏紀を差し置いて呼ばれたことに動揺しつつも『その後の低音メンバーは皆、名を呼ばれた。呼ばれていないのは、呼ばれていないのは』と展開の早さに理性が溶けていました。(なお、アニメ版では葉月はケロッと自分が呼ばれなかったと述べる描写あり)

これには実力的に本人も納得しています。

本来ならチューバは最大三名でも問題ありませんが、それは音が足りなかった場合。二年生の後藤卓也は一人で二人分の音を吹き出せたことから、この年は後藤卓也と長瀬梨子の二人で充分だったと予想。(決意の最終楽章準拠)

B部門に回った葉月のコンクール結果は金賞(B部門は都道府県大会まで)。府大会後は文化祭のステージ用の練習や基礎練習をみっちり。アニメ版はB編成が存在しないのでチーム『もなか』としてコンクールメンバーをサポート。番外編『かけだすモナカ』ではナックル先輩が楽器室に忘れたマレットを取りに戻りました。

また、ヒミツの話(アニメ版1期第6話)では、吹き始めて三日の葉月に合わせて田中あすかが指導。久美子と緑輝を交えて『きらきら星』を合奏させるとみんなで吹く楽しさを知ったことから、『吹奏楽部日誌』で春前の定期演奏会で同曲を演奏できることに喜んでいました。

駅ビルコンサート当日で佐々木梓と出会い紹介された際には、久美子と緑といった経験者同士が花を咲かせている中、初心者ということで一人肩身が狭いという理由から遠慮がちにしていると、緑輝から「経験者のほうが未経験者より偉いわけない。葉月ちゃんは初心者ってことを気にしすぎやねん。葉月ちゃんはもう低音パートの立派な戦力やねんから、堂々と胸張っておけばいいの」と言われ照れながら受け止めました。

本番前日の合宿の朝食時、全国の舞台を目前に夏紀が「終わったら燃え尽きちゃいそう怖いわ」と呟くと卓也が「燃え尽きるとか困るわ、来年もあるのに」と返答。フンと鼻を鳴らす夏紀に「来年はお前もAで出ろよ」と言われる夏紀の瞳が一瞬だけ動揺。そして、話の流れで梨子が「葉月ちゃんも来年は一緒にAで出ような」と語り掛けると、葉月は力強く頷いています。

加藤葉月の2年目もB編成

葉月の2年目も残念ながらB編成です。

これは元々演奏が上手な後藤卓也と長瀬梨子に加えて、経験者の鈴木美玲が入部したため。1年目で田中あすかが危惧したように『経験者』が入ったことにより、さすがに一年間の練習量では葉月の演奏技術では敵いませんでした。

2年目前半、同中出身の鈴木さつきとは相性が良くすぐに打ち解けましたが、気難しい美玲とは衝突(主に美玲から)。美玲はサンライズフェスティバルに向けての練習中に葉月の気遣いを無下にして、久美子相手に「葉月先輩も、さつきも見ているとイライラする」と告白。

その理由は、うまくなるために北宇治に来たのに毎日楽しそうにしているからというものであり、みんなでわいわい馴れ合うためではなく一生懸命部活ができる環境が欲しくて入部したというもの。美玲は自分が間違っていると理解しつつも冷静になれずに感情が爆発してしまったのです。

久美子に話を聞いてもらってからは自ら変わるべきだと努力し葉月を中心に迷惑をかけたチューバパートに謝罪。葉月はチューバの親睦会を開くことを提案し、チューバパートの全員でファミレスに行くことに。こうしてチューバパートの問題は解決するのでした。

その後は美玲から吹き方を教わったりと何だか先輩後輩が逆転していますが、仲良く過ごしています。美玲の指導により実力はメキメキと伸びていきます。

去年同じB編成で頑張ってきた加部友恵が顎関節症で奏者を引退しマネージャーとして活動することを発表した際には、去年一緒にAに行こうと約束していた手前ショックで落ち込んでいましたが、美玲やさつきに励まされるほか、夏紀から「友恵が決めたことにぐちぐち言うのはお門違い、うちらができることはコンクールに向かって頑張ること」と諭され練習に没頭しました。

コンクールメンバー発表時には2年の葉月を差し置いて1年の美玲の名前が呼ばれると、普段しなやかに伸びていた美玲の背中が申し訳なさそうに丸まるものの葉月は「やったやん」と軽く背中を叩き喜んで見せました

2年目のB編成は『組曲「道化師」より』を演奏し見事、金賞。その後はB編成だけでデパートで演奏会に出場し、植物園での演奏も経験。(こちらもアニメ版はB編成が存在しないので劇中ではコンクールメンバーのサポートに従事。植物園はアンサンブルコンテスト編で収録されるのかは不明)

なお、アニメ版では関西大会がダメ金で終わった際に美玲が涙ながらに「来年は一緒に吹きましょう」と言ったため、葉月とさつきがもらい泣きをしつつ抱きつき一緒に全国の舞台に立つことを約束。

関西大会後は三年生は後輩の指導にあたることとなり、卓也が葉月とさつきの指導に付きっきりとなります。

アンサンブルコンテスト編では高坂麗奈に誘われて『打管五重奏』に参加。なお、久美子は麗奈が鈴木美玲に断られたから誘ったと知ることに。結果は校内投票で4位。

北宇治代表としてクラリネット四重奏が関西大会出場を果たした際には「関西出場やもんなぁ」と葉月が噛み締めて述べると、麗奈が「べつに次は一緒に行けばいいでしょ」と発言。

『次』という言葉に不思議に思う葉月をよそに麗奈は「来年の夏、吹奏楽コンクール」と続けると、葉月は「そうやったな」と不敵に笑うのでした。

加藤葉月の3年目はA編成

葉月の3年目は努力が実り初めてA部門に出場することができました。

春には入部希望者に各楽器の説明を行う際にチューバの紹介を担当しており、一年生の指導係も担当

名実ともに強豪校となった北宇治には経験者から未経験者まで多くの新入生が入ったことからチューバも二名が入部。未だ演奏技術には不安を持っていたものの二年間の練習で立派な経験者レベルに成長していましたが、今回チューバに入ったのは何れも初心者。

実力的には鈴木さつきとどっこいどっこいでしたが、今回のオーディションのライバルは実質鈴木さつきということになります。実力的に美玲は確定。一年生からは「葉月先輩もさっちゃん先輩も上手いが、やっぱりみっちゃん先輩はずば抜けている」と評価されています。

チューバの一年生・義井沙里が体調不良で休んだ際には彼女と仲の良かった三人も同時に休んだためにボイコット疑惑が浮上し、チューバの先輩兼一年生指導係として同じ指導係の剣崎梨々花と部長の黄前久美子を伴い自宅に確認へ行くことに。結果、本当にただの体調不良と分かり問題解決(久美子が沙里と二人きりで話を聞いている間は、他の一年三人と会話)。

そして、今年のオーディションは大会ごとにA編成のメンバーを選考する形式を採用するという異例の取り組みとなり、葉月は京都府大会のオーディション結果で初めて一番に名前を呼ばれると「……はい」と深い感慨を込めた声で返事。口元は震えて、目元には涙を滲ませていました。

葉月のA入りに緑輝は喜びをこらえきれずに刃を見せて笑い、美玲は安堵に頬を緩めていました。

しかし、今年は二年生の鈴木さつきが呼ばれずに一年生の釜屋すずめがAに選ばれてしまうという波乱が生じたほか、今年は実力が拮抗していたり、テキニック面で長けている部員がAから落ちるという不可解さから滝昇への不満が加速してしまうことに。なお、チューバ組は当人たちの性格が明るいせいかオーディション後もトラブルなく仲良く練習再開。

A入り初めての京都府大会は美玲とすずめとともに演奏し見事、金賞

関西大会では、加藤葉月、鈴木美玲、鈴木さつき、釜屋すずめの四人体制でA部門出場。葉月にとっては関西大会の舞台に立つのは初めてであり、緊張から心臓を押さえていると後輩部員が心配しますが、緊張具合で言えばさつきの方がひどく、すずめに至っては関西大会の会場自体が初めてということで全員で緊張を共有。

しかし、美玲にさつきとすずめが抱きつき、更に上から葉月が抱きつく『大好きのハグの四人バージョン』により緊張を緩和し四人が幸せそうな顔に。なお、久美子は大好きのハグの四人バージョンは見たことが無かったので何をしているのかピンとこなかった模様。

関西大会の結果は見事、金賞を獲得し全国大会へ出場が決定しました。

二学期の文化祭で演奏後、いつものパート練習では釜屋すずめと上石弥生に「音の出始めと終わりを意識するように」と先輩らしい助言。全国大会に向けたオーディション結果はチューバは葉月を含めた四人に変更はありません。

全国大会前日にはレンタルしたホールで前日練習を行い、夕食時には明日の本番を目の前にしてドキドキすると白状しつつも「うち、一昨年は見てるだけやったから、こうして久美子たちと全国出られるんやなって思うと、なんか、気持ちがムズムズする」と告げており、久美子と緑輝は大いに喜びました。なお、明日は客に向けていっぱい自慢しようと昂る緑輝を前に「Aになっても緑の境地には至れへんかったな」と独白すると、それには久美子も同意。

全国大会当日の会場では、チューバパートは実家がお寺の上石弥生からピンク色の『心願成就』の御守りを受け取っており、何やら怪しげな儀式を執り行っている様子を久美子が目撃。なお、美玲だけは呆れた目で見守っていた模様。

すずめの親父ギャグが発動したことをきっかけにさつきが俳句を詠み、美玲に無茶ぶりするとガチの俳句が返ってきたりと賑やかに。

そして、全国大会で金賞を獲得

その後は葉月はつばめとともに、見に来ていたOGに報告をしています。(OGが誰なのかは記載されていないので不明)

これにて葉月の吹奏楽は終わりになりますが、最終的には全国大会の舞台で演奏して金賞を獲得することができました。田中あすか、後藤卓也と長瀬梨子から基礎練習を叩き込まれて二年越しに努力が実った結果、最高の結果で卒業することができたのは感慨深いですね。

響け!ユーフォニアムを視聴できるのはこちら!
響けユーフォニアム
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
 
スポンサーリンク

まとめ

  1. 加藤葉月の1年目はB編成、金賞(都道府県大会まで)。
  2. 加藤葉月の2年目はB編成、金賞(都道府県大会まで)。アンサンブルコンテストには『打管五重奏』に参加し校内投票4位。
  3. 加藤葉月の3年目はA編成、全国大会金賞。

吹奏楽初心者として描かれた加藤葉月は一番感情移入しやすい視点で立ち回るキャラクターであり、最初の一年は仕方がないにせよ、一年生時点で北宇治が全国大会出場を果たした実績から経験者が入部することとなり二年次もA編成に入ることができませんでした。

しかし、二年間の基礎練習と努力は実ることとなり、最後の年にはA編成に選ばれて初めての関西大会と全国大会の会場に奏者として降り立つことになりました。

一昨年は卓也と梨子と一緒にAに入る約束をしたものの昨年は果たすことができませんでしたが、今回は美玲とさつきと一緒にAに入るという夢を叶えることができたので葉月視点ではハッピーエンドでしたね。

来年は美玲というエースと全国を経験したさつきとすずめがいるので、安泰でしょう。

 

 

 



響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編

作者:武田綾乃 出版社:宝島社

漫画全巻ドットコム eBookJapan

\ 響け!ユーフォニアムの小説・漫画・アニメ・グッズはこちら /

> 小説・漫画を読むなら < > アニメを見るなら < > グッズを買うなら <
漫画全巻ドットコム(小説) U-NEXT キャラアニ.com
eBookJapan(小説) dアニメストア あみあみ
漫画全巻ドットコム(漫画) DMMプレミアム ホビーストック
eBookJapan(漫画) AbemaTV  
コミックシーモア hulu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました