【名探偵コナン】メアリーの正体は?幼児化した理由はベルモット?

『領域外の妹』とヒントを出すメアリー 名探偵コナン

漫画『名探偵コナン』に登場するメアリーは、世良真純と同居する謎の中学生相当の女の子。

その正体が判明するのは97巻~98巻ですが、続く99巻で幼児化した理由も明かされたため、ここ最近で一気にメアリーについての謎が解明されました。

今回は、メアリーの正体と幼児化した理由について紹介したいと思います。

この記事で分かる内容は?

  1. メアリーのプロフィールと正体
  2. メアリーが幼児化した理由とベルモットとの関係
  3. メアリーがコナンに接触した理由
  4. メアリーと宮野エレーナの関係
  5. メアリーの登場回
  6. メアリーの正体が何者かにばれている可能性
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メアリーのプロフィールと正体について

『領域外の妹』とヒントを出すメアリー

引用元:青山剛昌『名探偵コナン』 出版:小学館 掲載誌:週刊少年サンデー

【名前】 メアリー / 赤井メアリー / メアリー世良
【年齢】 53歳
【性別】
【初登場】 83巻FILE3 / アニメ754~756(写真のみ)
83巻FILE4~6 / アニメ759~760話
【声優】 田中敦子

女子高生探偵世良真純とホテル暮らしをしている中学生くらいの謎の少女。

真純と似た顔立ちと目元、髪型は真純より毛先がカールしたような感じで、色白のハーフ。

メアリーの正体を詮索するコナンに対しては真純を通して『領域外の妹』というヒントを与えています。

推理力・格闘術が優れており、作中ではコナンの蝶ネクタイ型変声機を使用して堂々と代理で推理を披露していたことから、端からコナンには正体を隠すつもりがない印象でした。

ちなみに当初のコナンはメアリーをラムと疑っています。

メアリーの年齢が判明したのは98巻FILE.1で、赤井秀一が17年前の回想をした際、メアリーの年齢が36歳と書かれていたため。

メアリーの正体はMI6職員

メアリーの正体はAPTX4869で幼児化させられたイギリスの情報機関秘密情報部の職員(SIS / MI6)で、赤井秀一・羽田秀吉・世良真純の実の母親です。

正体が判明したのは97巻FILE.10~98巻FILE.2(アニメ1019~1020話『骨董盆は隠せない(前後編)』)。

コナンは真純から『領域外の妹』とだけ教えられたメアリーの正体を探る段階で以下の情報を得ています。

  • 10年前海で一度赤井一家と会っていたこと
  • 抜群の推理力と卓越した格闘術を持つイギリス人であること
  • 世良真純が薬(APTX4869の解毒薬)についてしつこく聞いてくること
  • 赤井秀一が真純の母親の安否を確認したこと

以上を踏まえて、コナンはメアリーが誰かにAPTX4869を飲まされて幼児化したイギリスの情報機関秘密情報部の職員だと推測しました。

 

『領域外の妹』の意味は?

  1. 妹を英訳して『sister』に。
  2. 『sister』の綴りから領域の英訳『territory』の略称の『ter』を外す。
  3. 『sister』-『ter』=『sis』
  4. 『sis』=シークレットインテリジェンスサービスの略
  5. イギリス情報局秘密情報部『SIS(MI6)』

メアリーが幼児化した理由とベルモットとの関係

メアリーが幼児化した理由が判明したのは単行本98巻FILE.11~99巻FILE.3(アニメ1045~1046話『天罰くだる誕生パーティー(前後編)』)のラストです。

メアリーがAPTX4869を飲まされた時期は、コナンがロンドンに行った71巻FILE.3(アニメ616~621話『ホームズの黙示録』)』の頃になり、コナンが観戦していたウィンブルドン選手権の舞台裏で、メアリーは17年間失踪していた赤井務武から連絡を受けてSIS本部真ん中にあるヴォクスホールブリッジの橋の欄干前で待ち合わせをしていました。

羽田浩司殺しの真相を追っていた務武に犯人が分かったのかと訊ねるメアリーですが、奴らから逃げる際に大怪我を負って記憶喪失になっていたと語る務武。

そんな務武が息子達と一緒に来たのかと訪ねるので、メアリーは娘と一緒に来たと伝えます。

世良真純は17年前にはまだお腹の中に居たので務武は会った事がありません。しかし、メアリーが抱き上げた娘の事はまだ忘れてるのねと鎌を掛けると、務武は「ああ…あの子か…大きくなったのか?」と引っ掛かるのでした。

メアリーが悲しみに暮れながら銃口を向けて娘のことを話すと、務武に変装していたベルモットが姿を現し、配備していた組織の部下が銃を向けてメアリーを包囲します。

ベルモットは既にメアリーの素性を調べ上げており、今回接触をはかったのは死んだはずの赤井務武の姿でMI6に復帰するシナリオにメアリーの存在がネックだったため殺害する目算でした。

しかし、メアリーは時間になっても務武との密会から戻らなければ赤井務武は偽物だとMI6に伝えるように真純に指示していため、ベルモットはMI6への潜入を諦めてメアリーの殺害だけ実行することに。

ベルモットはAPTX4869を口に咥えてメアリーにキスし無理やり飲み込ませると、メアリーは喉を抑えながら呻き声をあげ、欄干から落下し川の中へ。これはベルモットにも想定外だったようで、メアリーが橋から転落したことで野次馬が増えたので撤退。

一方でAPTX4869の服用で死なずにすんだメアリーは自力で真純のいるホテルに帰還しますが、その時には既に体が中学生くらいに縮んでおり、真純に事情を説明しました。

メアリーが咳をしている理由は?

メアリーの咳に関してはまだ解明されていないため、APTX4869の副作用ではないかと予想されています。

しかし、まだ未知の薬なので工藤新一や宮野志保とは違った反応・副作用がメアリーの体で起こっている可能性もあるのではないでしょうか。

メアリーがコナンに接触した理由は?

メアリーがコナンに接触した理由はAPTX4869の解毒薬を手に入れるためと、組織に太刀打ちする協力者になりえるかどうか確かめるためです。

ベルモットから逃げ出したメアリーは、一度ホテルに戻り真純と今後の対策を練ることにします。

時間は夜中。病院は組織がAPTX4869の効果に幼児化作用があることを想定していれば待ち伏せの可能性もあるので断念。しかし、組織に太刀打ちするにはメアリーを幼児化させた薬が何のか突き止めなければと考えていました。

そんな時、昼間に行われたウィンブルドン選手権の録画を真純が観ていると江戸川コナンが「ボクはホームズの弟子だからさ!!」と発言している場面がアップで写り込むのです。

メアリーと真純は10年前海で会った少年・工藤新一と酷似するコナンを見て、当時もホームズの弟子と言っていたことを思い出します。

すかさずMI6の仲間に飛行機の乗客名簿を確認させると、江戸川コナンの名前は無いものの工藤新一という真純と同年齢の記録があることを知り、中継に写り込んだ少年、コナンもまたAPTX4869を飲まされて体が縮んだと推察しました。

また、工藤新一の記録で入国していたことから何らかの方法で体を元に戻していると考えたメアリーは、APTX4869の解毒薬があるなら手に入れなければならないと考えます。

そのため、日本に帰国すると真純にコナンと接触させ、薬の存在を探らせると共に、コナンが組織に太刀打ちする際の協力者になりえるか、その実力を見るために『領域外の妹』と名乗りヒントを与えました。

メアリーと宮野エレーナが姉妹と判明

メアリーと宮野エレーナが姉妹と判明したのも単行本98巻FILE.11~99巻FILE.3(アニメ1045~1046話『天罰くだる誕生パーティー(前後編)』)での劇中です。

APTX4869を飲まされた際、ベルモットがどうかしら?自分の妹が作った毒薬でこの世を去る気分は…と発言。

APTX4869は組織の宮野厚司と宮野エレーナが開発したものであり、95巻FILE.8(アニメ952-953話「迷宮カクテル」)の回想で登場した厚司がエレーナに向けて「君のお姉さん」と発言しています。

つまり、ベルモットが言う『妹』は宮野エレーナであり、厚司が言う『お姉さん』はメアリーということが分かりますので、同じハーフの二人は姉妹と判明しました。

同時に、赤井家と宮野家は親戚関係ということになり、元恋人同士だった赤井秀一(赤井家の子供)と宮野明美(宮野家の子供)は『いとこ』と判明します。

コナンが灰原哀のメイク跡からメアリーの顔を想起したのは、単純に血筋が原因でした。

メアリーの登場回は何巻・何話?

睨み合うベルモットとメアリー

引用元:青山剛昌『名探偵コナン』 出版:小学館 掲載誌:週刊少年サンデー

メアリーの重要なエピソード一覧
82巻FILE11
83巻FILE1~3
赤い女の回の最後、真純のスマホ画面に表示された写真で初登場。
アニメ754~756
83巻FILE4~6 コナンに『領域外の妹』とヒントを与える。
アニメ759~760
88巻FILE2~4 コナンが真純のハンカチに刺繍された『Mary』の綴りから真純によく似た少女を連想。どこかで会った、と思い出す。
アニメ644~645
90巻FILE3~5 コナンの蝶ネクタイを拾いコナンの代わりに小五郎に声をあてて推理し事件解決。犯人を早技で気絶させる。コナンの前で真純が「ママ」と発言。
アニメ863~864
92巻FILE2~4 コナンと赤井一家が初めて会った海での回想。
アニメ881~882
94巻FILE8~11
95巻FILE1~2
京都修学旅行編の最後に真純から連絡を受けてAPTX4869の解毒薬をコナンが所持している確証を得る。組織への反撃を決行。
アニメ927~928
96巻FILE8~11
97巻FILE1
世良真純の回想で外出したメアリーが子供になって戻ってきた描写あり。
アニメ933~994
98巻FILE11
99巻FILE1~3
メアリーが幼児化した原因がベルモットの仕業だと判明。また、コナンに接触した理由もここで判明。
アニメ1045~1046

メアリーの正体が何者かにバレている?

連載中の1094~1096話では、世良真純がAPTX4869を回収するためにコナンを新しく引っ越したホテルに誘い込むことに成功しますが、当然そこでも事件が発生します。

しかし、ホテルに向かう世良真純とコナンを尾行するような不審な人物が描かれており、コナンたちがホテル連続爆破事件を無事解決した後にその人物が非常ベルを作動。

ホテルの宿泊客が屋外へ避難をすると、メアリーも世良真純と共に外へ避難することに。そして、その様子をうかがう呼吸器をつけた男と、謎の車が描かれました

この不審な人物と呼吸器をつけた男と車は単行本102巻FILE.10『扉の先の真実』のラストに登場した、呼吸器をつけた謎の男を乗せていた車と同様のもので、同乗者も同じ。

世良真純を尾行していた不審な人物は、その車の運転手の男でした。

この呼吸器をつけた男(中年か初老風のシルエット)は警察のことを愚鈍な輩と表現しているためあまり印象はよくない模様。

更に1096話では世良真純とメアリー(恐らく幼児化したメアリー)を見て「まるで夢を見ているようじゃわい…と意味深なことを呟いています。

不審な人物(運転手の男)がわざわざ真純を尾行し、爆破事件に扮してホテルの非常ベルを鳴らしメアリーを屋外におびき出したところを見ると、呼吸器の男とメアリーに何かしらの因縁か関りがあることは確かなようです。







メアリーについてのまとめ

  • メアリーの正体はイギリスの情報機関秘密情報部の職員(SIS / MI6)
  • 同職の赤井務武の妻であり、赤井秀一、羽田浩司、世良真純の母
  • 『領域外の妹』は、英訳『sister』から英訳『territory』の略称の『ter』を外すことで『sis』となり、イギリス情報局秘密情報部『SIS(MI6)』となる
  • コナンがウィンブルドン選手権の事件に巻き込まれた日に、メアリーはベルモットによりAPTX4869を飲まされて体が幼児化した
  • メアリーと宮野エレーナは姉妹であり、赤井家と宮野家は親戚関係
  • メアリーの初登場は『83巻FILE4~6 / アニメ759~760話』
  • 最新話では、呼吸器をつけた謎の男がメアリーを監視・接触している

初登場時から明らかにAPTX4869を飲まされて幼児化したとしか思えないメアリーでしたが、83巻の初登場を経て、98巻~99巻でようやく正体と幼児化した理由が判明しました。

まさかベルモットが絡んでいるとは思いませんでしたが、彼女はAPTX4869が稀に幼児化作用を及ぼすことを知っているので、灰原同様に始末を企てているのかもしれません。

しかし、コナンを守るために組織には秘密にしているため、メアリーを始末するにしても幹部クラスを連れてくると思えないので、呼吸器をつけた男は組織の関係者ではない可能性もありますね。

これからの展開が楽しみです。






\ 名探偵コナンの漫画・アニメ・グッズはこちら /

> 漫画を見るなら < > アニメを見るなら < > グッズを買うなら <
漫画全巻ドットコム U-NEXT キャラアニ.com
eBookJapan dアニメストア あみあみ
ホビーストック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました