【くまクマ熊ベアー】ミサーナの声優や初登場回は?第2期の活躍など

王都見物でクマさんファンクラブ会員になるミサーナ くまクマ熊ベアー

『くまクマ熊ベアー』に登場する貴族の娘の一人ミサーナ・ファーレングラム

フィナ、シュリ、ノアールと共にユナの妹的な存在の彼女ですが、アニメ第1期では王都編で少し登場しただけとなりました。

今回はアニメ第2期に向けてミサーナの初登場回や今後の登場などについて紹介したいと思います。

この記事で紹介する内容は?

  1. ミサーナのプロフィール
  2. ミサーナの声優『天野聡美』さんについて
  3. ミサーナとノアとフィナの関係
  4. ミサーナの初登場回
  5. ミサーナの今後の登場と活躍について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミサーナ・ファーレングラムのプロフィール

王都で別れて手を振るグランとミサーナ

引用元:くまなの『くまクマ熊ベアー』 出版:主婦と生活社 掲載:小説家になろう

【名前】 ミサーナ・ファーレングラム
【年齢】 9歳→10歳
【身分】 ファーレングラム伯爵家の孫娘
【性格】 温厚、品行方正
【髪色】 銀色
【家族構成】 祖父、父、母
【声優】 天野聡美

銀色の切り揃えられたボブから長い流れるような襟足のある髪型で、大人しい色合いのドレスを纏った貴族令嬢。

ノアールとは顔見知りであり、年齢は一歳下。

愛称は『ミサ』

ミサーナの声優『天野聡美』さんとは?

◇ 天野聡美さんの情報 ◇ 

  • 出身:神奈川県
  • 生年月日: 11月29日
  • 職業: 声優
  • 事務所: ヴィムス
代表的なキャラ
  • 『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON』… 白菊ほたる
  • 『球詠』… 山崎珠姫
  • 『トロピカル〜ジュ!プリキュア』… 仲川詩織
  • 『怪人開発部の黒井津さん』… ウルフ・ベート
  • 『トモダチゲーム』… 心木ゆとり
  • 『異世界召喚は二度目です』… 夕陽

ミサはファーレングラム伯爵家の孫娘

ミサの祖父はクリモニアの街の近くにあるシーリンの街の領主グラン・ファーレングラム。

父親はレオナルド・ファーレングラムで『ミサの誕生日会』以降グランの地位を引き継ぎ次期領主となります。

母親の名前は不明だが誕生日会で登場。

ミサの初登場回は?

小説家になろう 52『クマさん、襲われている馬車を見つける』
書籍 3巻52『クマさん、襲われている馬車を見つける』
アニメ 7話『クマさん、王都に行く』

ミサの初登場回はユナがフィナとノアを連れて王都へ向かう街道になります。

エルファニカ王国国王の誕生40年を記念した誕生祭が王都で開かれるため、クリフたちフォシュローゼ家も出席するために王都へ向かうことに。しかし、クリフは多忙のため少し遅れて出発することになると、母親に合わせるため先にノアールを王都へ行かせることになりました。

ノアの護衛に選任されたのがユナであり、ユナは初めての王都への旅にフィナを誘うと、ユナとフィナとノアの三人で王都へ出発します。

その道中、オークの集団に襲われている馬車を発見。馬車の周りでは4名の冒険者がオークと戦っており、苦戦している模様。ユナはくまゆるとくまきゅうに二人の護衛を任せ、オークの討伐に加わるのでした。

ユナが助けた馬車の主はグラン・ファーレングラム伯爵とその孫娘ミサーナ・ファーレングラム。そして、彼等の護衛を務める女性冒険者パーティ(マリナ、エル、マスリカ、イティア)でした。※アニメでは冒険者のアップや台詞はなく完全なモブ扱いで全てカット

ユナに助けられた後、馬車から降りてきたグランとミサはそれぞれ自己紹介すると、ノアールと顔見知りと発覚。ミサの両親は王都へ先行しており、二人は遅れて王都へ向かっている最中にオークに襲われていました。

ユナの仕事はノアを王都まで送り届けることなのでこのままお別れしようとしますが、ミサの話し相手になってほしいというグランの要望でユナ一行と王都まで同行することに。

その晩、ユナが提案した『クマさんと一緒(くまゆるかくまきゅうに包まれて眠る)』にノアは興奮するとミサに報告。ノアからクマの素晴らしさをたくさん聞かされたミサはすっかりクマに惹かれてしまうのでした。

夜中、ザモン盗賊団の襲撃を受けますが、これもユナの感知スキルで対処し襲撃前に逆に一網打尽。

翌日、捕縛した盗賊団と共に王都へ向かいますが、グランとミサはこの道中で二度ユナに命を救われています。

ミサとノアとフィナが友達になった理由は?

王都へ到着したとある日、フィナはノアの誘いを受けてミサと三人で王都見物に出かけることになります。ユナは面倒だから留守番とのこと。

そのため、フィナは貴族の娘二人と同行することになり胃がもつか心配でした。

フィナとは裏腹にこの日、ノアが二人を誘ったのは親睦を深めるためであり、先ずはフィナが一度行ってみたいと話した王都の城へ三人で見物に行くと、中には入れないため周辺を散策。

その後、中央広場へ向かうと人混みの多さでフィナが引き離されそうになると、ノアが離れないようにと二人の手を掴みました。

その際、ノアはフィナに対して「ノアって呼んで。親しい者はノアって呼ぶから」と話すと、ミサも「わたしのこともミサと呼んでください」とフィナにお願いします。

フィナにとって貴族の令嬢を愛称呼びするにはかなり高いハードルでしたが、二人が愛称呼びを待ち続けると観念したフィナは二人を愛称で呼ぶことになりました。

こうして三人は友達になり、王都見物を満喫しました。

ミサはフィナとノアからユナの話を聞く

王都見物の最中、三人は休憩がてら屋台で食べ物を購入してテーブルにつくと、フィナはノアとミサからユナについて質問攻めされることに。

なぜユナはクマの恰好をしているのか。ユナが戦う姿を見たことはあるのか。タイガーウルフやブラックワイパーを倒したのは本当なのか。

それらの話を初めて聞くミサにはどれも新鮮で楽しいものでしたが、その反面ユナと一緒に過ごせるフィナとノアを羨ましく思うミサ。

また、この時にフィナの生い立ちを聞き、フィナが解体が上手い理由や、ユナが孤児院でコケッコーを飼育してプリンを作っていることなども聞いています。

三人が打ち解けたのはユナという接点があったおかげでした。

ミサはクマさんファンクラブに入会

王都見物の最中、ノアに連れてこられた場所で二人は『クマさんファンクラブ』の会員カードを発行させられることに。

会長はノアで会員番号0001。

副会長がフィナで会員番号0002。

ミサは会員番号0003番になります。

副会長の座をミサに譲ろうとするフィナですが、副会長の仕事にはユナについて報告するという仕事があるので、ユナと接点があり一番親しいフィナが相応しいと二人に説得されます。

目標会員数は1万人。なお、ユナには秘密です。



ミサーナはアニメ2期で登場する?

ミサーナはシーリンの街の住人なので頻繁には登場しません。

また、2023年4月放送アニメ第2期が1クールの予定ならば、原作準拠で構成するとミサの登場は絶望的です。

しかし、アニメ第1期『ミリーラの町』編の後の『実習訓練』編や『鉱山』編がすんなり終われば、その後に『ミサの誕生日会』編があります。

ミサの誕生日会が収録されているのは以下の通り。

小説家になろう 152~199『クマさん、誕生日会に参加する』
書籍 8巻
簡単なあらすじ
ある日、ユナとフィナの家にミサーナから誕生日会の招待状が届くと、フィナは卒倒。すかさずノアの許に招待状の確認に行くと、ミサが友達である二人に来てほしいから手紙を書いて送ったことを聞かされ、ユナとフィナは出席を決意します。

貴族の誕生日に何をプレゼントすればいいのか困り果てた二人は、誕生日ケーキとクマのぬいぐるみの共同で製作することに。

しかし、シーリンの街でミサとグランと再会するものの、シーリンの街は二つの領主が治める少し変わった領地であり、今代の領主は犬猿の仲。渦中に巻き込まれたユナはミサの護衛も兼ねて一緒に街を回るが、もう一人の領主の息子と鉢合わせてしまう。

誕生日会に不穏な影が差すが、果たしてミサの誕生日会は無事に開かれるのだろうか──。

ミサーナのその他の登場回は?

ミサの主役回は今のところ『誕生日会』編だけですが、その後もちょくちょく登場する回はあります。

『クマさん、学園祭に行く』238~284話(書籍11~12巻収録) 王都の学園で開催される学園祭を回るお話。ミサの登場は2日目からとなります。
『クマさん、従業員旅行に行く』330~376話(書籍14~15巻収録) 従業員旅行でミリーラの町の海へ行くお話。招待を受けたミサはクリモニアの街に到着すると、水着の製作や『クマさんと憩いの店』を体験。海で大はしゃぎ。
『クマさん、ノアとフィナの誕生日を祝う』542~589話 クリモニアのフォシュローゼ邸で開催されたフィナとノアの合同誕生会のお話。招待を受けたミサも登場し、誕生日プレゼントを渡しています。

『クマさん、ノアとフィナの誕生日を祝う』はまだ書籍化されていないストーリーです。

第2部では今のところミサの登場は無い模様。

ミサーナについてのまとめ

  • ミサーナはファーレングラム伯爵家の孫娘で年齢は9歳→10歳
  • 愛称は『ミサ』
  • ミサーナの声優は『天野聡美』さん
  • 家族構成は祖父、父、母
  • 初登場は小説家になろう52話、書籍3巻、アニメ第7話
  • ミサはユナに二度命を救われている
  • ミサがフィナと友達になったのは書籍3巻収録のおまけ『王都見物』の回(アニメ第8話)
  • ミサはクマさんファンクラブ会員番号0003
  • ミサの再登場は小説家になろう152~199、書籍8巻収録の誕生日会
  • ミサの登場回は『学園祭編』『海編』『ノアとフィナの誕生日会編』

『くまクマ熊ベアー』と言えば、ユナと幼女たちと言った印象で、ミサは妹的存在の一人です。

しかし、住んでる町が違う分、登場頻度は控えめなのが残念に思います。

他の登場キャラクターに比べてクリモニアの街から割と近い場所に住んでいることがせめてもの救いですが、もう少し登場して欲しいのでアニメ2期でも活躍があるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました