【山田くんとlv999の恋をする】瑠奈は反抗期の中学生?FOSのキャラクターやギルドとの関連は?アニメ化以降の茜や琉夏との関係なども紹介

茜を警戒する佐々木瑠奈 山田くんとLv999の恋をする

漫画『山田くんとlv999の恋をする』に登場する佐々木瑠奈は、排他的で我が儘な中学生女子でしたが、茜とは定期集会の事件をきっかけに親しくなりました。

茜とはFOSで所属するギルドの定期集会で顔合わせしましたが、ギルドマスターの瑠璃姫と瑠奈がそっくりだったため、茜は瑠璃姫=瑠奈とすっかり誤解をしました。

では、なぜ瑠璃姫と瑠奈がそっくりなのでしょうか。

また、アニメ化以降の茜との親交や受験はどうなったのでしょうか。

今回は佐々木瑠奈の基本情報からアニメ化以降の内容も含めた人間関係などについてご紹介したいと思います。

この記事で紹介する内容は?

  1. 佐々木瑠奈の基本情報
  2. 佐々木瑠奈とFOSギルド『Chocolate Rabbit』の関わり
  3. 佐々木瑠奈と木之下茜の関係
  4. 佐々木瑠奈のアニメ化以降のネタバレ
    1. 瑠奈の受験結果
    2. 瑠奈と茜の関係のその後
    3. 瑠奈と琉夏の関係
『山田くんとlv999の恋をする』のアニメを視聴できるのはこちら!
山田くんとlv999の恋をする
エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐々木瑠奈の基本情報

美少女の佐々木瑠奈

引用元:ましろ『山田くんとLv999の恋をする』 出版:KADOKAWA

木之下茜が勝手に瑠璃姫の中の人だと勘違いしていた女子中学生(登場時中学3年の15歳で受験生)。欲張り意識が強い上に反抗期真っ只中であるため、強い警戒心を持ちごねることががしばしば。毛量が多いことがちょっとした悩み。

外では内弁慶ですが根は臆病者であるため、知らない場所・知らないもの・知らない人が嫌いで苦手

ギルドマスターである瑠璃姫の中の人・佐々木瑛太の実の妹。過保護な母と優しい父に甘やかされて育った結果、我が儘な面が強く、黙ってすましておけば誰かが優しくしてくれると考えていたためプライベートでもツンとした態度をとっており、クラスでは絡みにくいと苦手意識を持たれてやや孤立。

かつては上級生にいじめられたこともありますが、ネット上に友達が300人いるため、気にすることはありませんでした。また、中学三年間をともに過ごしたクラスメートがいまだに苗字で呼んできても気にならない様子。

一人称は『瑠奈』。服装はロリータ系ファッションを愛用しており、街中でもフリフリの洋服に猫耳付きフードを被るなど、周囲の目は気にしていない模様。見た目は美少女であるため男子生徒からの視線は多かったものの、他の女子とは毛色の違う瑠奈の普段着を見て尻込みするためアプローチを受けることはないそうです。

加えて、瑠奈自身も兄や友人の山田がイケメンであるため、必然的にクラスの男子はへのへのもへじに見えるらしく、意識することもないとのこと。

また、受験生であるため東成学院の文化祭を訪れた際にはナーバスになって胃痛を起こすこともあり、その後も受験のストレスで胃痛を引き起こすことから胃腸が弱いと評されることも。

作中では、茜がFOS内での瑠璃姫の言動や瑠璃姫のアバターとリアルの瑠奈の容姿が酷似している、また、リアルでの山田と瑠奈の接触を見て瑠璃姫=瑠奈と勘違いしたことから、コラボカフェで対面した際により警戒されました。

ドーナツが好物。

瑛太と山田が友達のため、瑠奈と山田も幼馴染。当時、小5の瑠奈は中2の山田のことを「あっくん」と呼んで懐いていましたが、思春期に入ってからは「山田さん」呼びに改名。

瑠奈とFOSの関係性

茜が所属するFOSのギルド『Chocolate Rabbit』は、瑛太が瑠奈のために作った居場所です。

もともとが瑛太がいない時でも瑠奈が安全に遊べることを基準に作ったギルドであるため、新メンバーは随時募集中であるもののマスターの瑛太の独断でメンバーを選んでいる排他的で超身内なギルドになります。

ネットゲームの楽しい所は人との交流にありますが、楽しければ楽しいほどに画面の向こうの人間性の精査は甘くなる傾向にあるため、瑛太はネットに慣れていない当時の幼い瑠奈のために新メンバー加入において少ない情報に慎重になった──というのがギルドと現在のメンバーの成り立ちです。

なお、瑠璃姫のモデルはリアルの瑠奈であるため、瑠奈本人は妹をモデルにするのは「マジきもい」とドン引きしている模様。

しかしながら、瑠奈は元々身内だけで遊ぶ予定だったギルドに見ず知らずの他人が加入することに瑛太以上に反対であり、環境の変化を求める瑛太とは意見が対立することも。瑛太以上に排他的な思想から茜や山田の紹介で登場した椿が加入した際にはギルドの危機として追い出し計画を実行しました(椿に関しては茜が阻止したため未遂)。

瑠奈のFOSのキャラクター

瑠奈のFOSのキャラクター名は『お肉大好き』であり、カッコイイ容姿のアーチャー。

なお、せっかくカッコイイアバターを操作しているのに一人称は『お肉』であり、基本的にギルド以外のプレイヤーと慣れ合う気は毛頭ないようで、他プレイヤーには排他的で冷たい態度をとっています。

茜にはキャラ名と見た目がちぐはぐで勿体ないと指摘を受けていますが、瑠奈本人はお肉大好きであるため名前も見た目も超可愛いと自己評価高め。

瑠奈がFOSをプレイしている描写は初期は少なかったものの、ちゃんと第1話でも『お肉大好き』がオフライン表示されています。登場が描かれなかったのは、ログイン頻度が3ヵ月に一回見るくらいであるためであり、おそらく受験生であるため両親にゲーム時間を制限されていたため。

なお、キャラクターは2体カンストしたものと適当にプレイしているキャラクターがいるようで、お肉大好きは後者にあたり、レベルは85です。

瑠奈と茜の関係性

コラボカフェでの初対面においては警戒色の強さから「この女めざわり」というオーラを放ち、山田や瑛太と親しそうに会話している姿から茜を敵視し『びっち』と蔑称。

既存メンバー以外の人間を招くことに厭気を覚えていることから、茜をギルドから追放するべく嘘を吐いて約束を取り付け知らない男性と面会させて困らせるという悪戯を仕掛け、ギルドメンバーを巻き込む事態に発展。

そして、図らずも茜が軽傷を負ったことで山田と瑛太に怒らせることになりますが、茜の機転で二人きりで話したの契機に本心で向き合った結果、茜が瑠奈と本気で仲良しになろうとしている気持ちを汲み取り謝罪し心を開きました。

以降は学校帰りに茜の部屋を訪れるほど仲良くなっており、『茜さん』と呼び慕うことに。家族でも幼馴染でもなく思い通りにもならない茜の存在は、瑠奈にとって誰とも違うわくわくの塊であり、クラスで流行ってた変なダンスを一緒に踊るなど、今では茜との交流を楽しく感じています。

その後は定期的に家に遊びに行っており、FOSの指導をして茜のキャラクターをレベル50まで引き上げました。

また、茜がギルドに加入した当初に「喜怒哀楽がはっきりしている素直な子が入った。秋斗にはこういうわかりやすい子が合うと思う」という瑛太の発言を思い出し、茜と山田との関係を深めようと何かと裏工作(ラッキースケベに誘導)をしますが、当の茜視点では瑠奈の行動の意図が読み取れず困惑させることに。

なお、瑠奈の排他的な思考から茜には嫉妬深い彼女ができた気分と思われることも。

佐々木瑠奈のアニメのその後の展開のネタバレ

アニメはマッドハウスより全13話で放送されましたが、放送範囲は原作の単行本4巻から5巻冒頭までです。また、『山田くんとLv999の恋をする』は現在進行形で連載中であり2024年6月時点で既刊9巻であるため、完結していません。

本作は茜と山田の物語であるため、基本的に準レギュラーキャラである瑠奈の登場回数は少なく、アニメ化された4巻までの内容に比べて5巻以降はそこまで出番は多くありません

そのため、アニメ化以降の目立った登場は合格発表の回やたまに茜とFOSで遊ぶ回、そしてギルメンとのオフ会などになります。

登場シーンはわずかですが、定期的に瑠奈は描かれているので、例えば9巻の森戸琉夏登場回のように今後もスポットがあたるかもしれませんね。

以下はアニメ化された範囲の4巻以降から9巻までのネタバレになります。

瑠奈の受験結果は?

2月某日、瑠奈は私立東成学院高等学校に合格しています。

受験勉強中は胃痛で山田の家庭教師を早めに切り上げたりと不安が多かったものの、合格発表当日はギルドメンバー(茜、瑛太、鴨田の三人が付き添い、山田は離れた場所で休憩中)と一緒に結果を見に訪れており、肝心の瑠奈はビビりすぎて結果を知りたくないと一歩を踏み出せずにいました。

しかし、瑠奈が駄々をこねていると瑛太が鴨田に受験番号の確認を頼み、鴨田が代理で掲示板の張り出しを確認すると、瑠奈の受験番号を発見。

鴨田の第一声を受けた茜と瑛太が歓喜すると、瑠奈は茜に抱きしめられながら自分の受験番号を確認するのでした。

なお、山田は瑠奈が長時間ごねていたため離れた場所で休憩しており、合格を確認した茜が山田に伝えにいきました。

また、山田は最後(最終追い込み)まで瑠奈の受験勉強に付き合っていたようで、ある意味瑠奈以上に受験から解放された様子。自分の受験の方が気楽だと述べていました。

その後、瑠奈が戻ってくるとこれまで勉強を見てくれた山田に感謝して抱きついており、茜もまた喜ぶ瑠奈の姿を見て心から「受かって良かった」と安堵します。

ちなみに、作中では7~8巻で年度が変わっているため瑠奈は高校1年生になりました。

瑠奈と茜の関係は変化した?

受験勉強の合間に何度か茜の部屋に遊びに行くこともあり、アニメ放送範囲後も変わらず友人として過ごしています。

たまにFOSでも一緒に狩りをしており、ゲーム内では『お肉大好き』のキャラクターで茜とプレイ。また、プレイ中には誰も指摘できなかった茜の装備がゴミ(初期装備)であることを指摘し、装備の見直しをするきっかけを生みますが、結局茜は見た目と思い出から初期装備を維持。

騒音問題編(隣室の配信者が毎晩騒がしいため睡眠不足なる茜の回)では、茜は瑠奈が楽しみにしていたギルメンの集まりに睡眠不足のまま参加しますが、途中で山田が体調不良の茜に気を遣って帰宅させようとするものの、事情を知らない瑠奈がまだ一緒に遊ぶとごねることに。

当日は瑠奈にとって合格発表後に久しぶりにギルメンと遊べるオフ日だったため、ずっと楽しみしていたという理由でいつも以上にごねていると、寝不足状態の茜には瑠奈の声が金属音のように頭に響き頭痛が酷くなるのでした。

そのため、瑠奈が山田にごねていると茜は耳を抑えながらも思わず「うるさい」と小声で口にしてしまい、よもや茜から発せられた思われる言葉に瑠奈は驚愕。一拍間を置いてすぐに涙目になる瑠奈でしたが、茜はハッと顔を上げて己の失言を悔い改めると、今にも泣き出しそうな瑠奈を抱き締めて「疲労から八つ当たりしてしまった」と誠心誠意謝るのでした(騒音問題については離さず)。

瑠奈は茜が疲れていたことを知って自分を嫌っていたわけではないと分かり安堵すると、自宅に戻ってからは瑛太に今日の出来事を話し、茜でも具合が悪いと自分みたいに八つ当たりする一面があると知って驚いたとを報告(なお、瑛太は誰だってそういう時があるとフォロー)。しかしながら、茜に傷つけられたことは気にしていないのか、瑠奈は大人が取り乱すことを不思議に捉えているほか、自分をさしおいて仲の良い山田と茜に軽く嫉妬を覚える程度で終わっています。

FOS内でChocolate Rabbitが身内企画した『豪華アイテム争奪★チーム対抗戦!RTAバトル!』においては、最初こそ茜のアバターであるAKANEにしがみついて離れず一緒のチームになると主張していたものの、豪華賞品が超絶レアアイテム『予言者の石』と聞いた後は早々に茜を切り捨てて山田とペアになりたいと申請。

茜に対し「だって!茜さん雑魚いんだもん!チュートリアル装備だしさぁ!」と直球に告げており、山田と組めなければ茜以外と組みたいと瑠璃姫に頼んだため、当の茜は「言い方が露骨!悪かったな弱くてっ!」と涙目になり、山田に窘められるのでした。

結果、鴨田が本気を出したため茜と鴨田ペアが優勝しレアアイテム『予言者の石』を獲得すると、瑠奈は鴨田さんと組めばよかったと後悔。

高校進学後も茜の部屋には連絡もなく押しかけていることから『アポなしおしかけ娘』と評されており、以降もFOSで一緒に遊んでいます。また、茜相手には素でいられるためギルド定期集会(オフ会)では「茜さんてど下手のくせい平気で野良とか参加するよね」など、気兼ねなく話しています。

瑠奈と琉夏の関係

単行本9巻からは新キャラの高校1年生の森戸琉夏(FOSにおけるウィザードのルカ)が登場し、瑠璃姫の勧誘もありギルドに加入しました。

ギルド定期集会で瑛太が過去に琉夏をギルドに勧誘していた事実を知ると、茜と椿の時のように「来なくていいよっ!」と排他的なリアクションを取っており、琉夏が始めて参加する次の定期集会では茜の時のように嫌悪感を剝き出しにして圧をかけました。

瑠奈が茜の時のように意地悪な言葉を吐かなかったのは、集会の会場に向かう車内で例のノートを見ていると隣の席に座っていた茜に琉夏に意地悪したら本気で怒ると警告を受けており、茜に警告を受けた瑠奈は追い出しプランAを諦めることに。しかし、他にノートに書かれていた『いい人だった場合は自己紹介をする』というプランBを茜に勧められたため、実際に琉夏と対面した際にはおそらく人間性を見ていたのだと思われます。

そして、琉夏を観察した結果悪意などが無いと理解するものの、例のごとく口を利かず終始睨み続けるばかりか、一人だけ離籍するなどしたため、琉夏は自分のせいで機嫌を悪くしていると思い萎縮することに。

一方で琉夏は山田と話したことで勇気をもって瑠奈と対話することを選択し声を掛けます。

しかし、瑠奈はChocolate Rabbitは自分のために瑛太が作ったギルドでありギルメンも瑠奈が大好きで付き合いはずっと長いと琉夏を牽制。そのため、琉夏は元々一人でも自分の加入に反対意識を持つメンバーがいれば脱退を考えていたことを打ち明けると、グループの輪を乱したくないと言って脱退する旨を伝えます。

すると今度は瑠奈がそれだと自分が追い出したみたいになると述べ、瑛太らに怒られたくないため脱退するなら別の理由にしてほしいと焦り気味で懇願(なお、瑠奈の変わり身や素直な意思表明に関して「ここまでくるといっそ清々しいな」と独白する琉夏)。

そのため、引っ込み思案だった琉夏は瑠奈に対して緊張が解けたのか「わがままだなぁ」と呆れる態度を取りますが、瑠奈は「そうだよ、嫌いになったでしょ」と強きに対応。しかし、琉夏が少しわがままな程度では嫌いにならないと答えると、瑠奈は続けて「じゃあ好き?瑠奈のこと一番好きになれる?」と次の返事を促します。

思わず「好きになれる?」という部分に反応し赤面する琉夏でしたが、瑠奈の主張が突拍子もなさすぎて理解が追いつかないほか、結局瑠奈が自分を追い出したいのか居て欲しいのかわからず困惑。

瑠奈は琉夏には出て行ってほしい気持ちはある一方で自分も変わらなければならないと考えており、依然として言葉足らずで態度も最悪ですが、実は瑠奈が琉夏へ放った言葉は瑠奈なりに一歩踏み出した変化でした。

一方で琉夏も環境の変化が苦手で人見知りする性格を変えたいという意思が強かったので瑠奈の感情を理解でき、勇気を出して自分を警戒しないでほしいと伝えると、瑠奈は琉夏をギルドの一員と認めて自己紹介します。

そして、改めて自己紹介を終えた瑠奈は「…琉夏って呼ぶ」と名前呼びを決めると、琉夏はそれが瑠奈なりの『よろしく』の意味だと受け取るのでした。

なお、瑠奈が「瑠奈をいじめないならいてもいいよ」と述べると、琉夏は「どっちかっていうと僕をいじめてるのはそっちだろ」と返しており、第一印象は少々アレでしたが似たような境遇であるせいか、今回の定期集会でお互いのことを理解できたようです。

2024年6月現在も連載中であるため、これ以降の瑠奈と琉夏の進捗はまだ描かれていませんが、今後も二人の関係性には注目です。

瑠奈が自分を変えようと思えたのは茜に背中を押されたためです。

プランB(いい人だった場合は自己紹介する)を勧めた茜が、もしダメでも私もみんなもずっと瑠奈ちゃんの側にいるから何も変わらないよと伝えたため、瑠奈は自分を変える一歩を踏み出すことができました。

また、茜との出会いが『変わってよかったことの一つ』であると自覚しているためでもあります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 佐々木瑠奈は、欲張り意識が強い反抗期真っ只中の女子中学3年生の受験生
  • 佐々木瑠奈の兄はFOSのギルド『Chocolate Rabbit』のマスターである佐々木瑛太
  • 『Chocolate Rabbit』は、瑛太がいない時でも瑠奈が安全に遊べることを基準に作られた身内限定の排他的ギルドであるが、変化を求める瑛太が人選し新規募集をかけている
  • 佐々木瑠奈のFOS内のキャラクターは3体おり、2体はカンスト、1体はレベル85の『お肉大好き』という名前のアーチャー
  • 佐々木瑠奈と木之下茜の関係は、定期集会で一度会った時に排他的な瑠奈が茜を脱退させようと悪戯を仕掛けたのが始まりであり、正式に瑠奈が謝罪し茜と仲良くなり『茜さん』と呼び慕う
    • 瑠奈にとって茜との出会いは『変わって良かったと思える』出来事の一つ
    • 瑠奈にとって茜は『家族とも幼馴染でもない誰とも違うわくわくの塊』
    • アニメ化の範囲以降は、より仲良くなっている
  • 佐々木瑠奈は私立東成学院高等学校に合格している
  • 佐々木瑠奈は新規メンバーの森戸琉夏を警戒するが、茜に背中を押されたた追い出すことはせず、自分から自己紹介をして仲良くしようと努力する

過去に虐められていた瑠奈は知らない場所や人物に苦手意識を持っており、とくに女性に関してはより排他的で攻撃的な性格になってしまいました。

しかし、茜との出会いをきっかけに彼女との出会いに関しては環境の変化に概ね満足しており、琉夏加入時には茜のおかげで自分を変える一歩目を踏み出すことができました。

性格こそ変わらないものの、高校に進学してから瑠奈も大きく成長しようとしていますので、今後の展開も楽しみです。

\ 山田くんとLv999の恋をするの漫画・グッズはこちら /

> 漫画を見るなら < > グッズを買うなら <
漫画全巻ドットコム ホビーストック
ebookjapan あみあみ
まんが王国  
コミックシーモア  
コミック.jp  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク
人気記事(本日)
スポンサーリンク
新着記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました